信ずべき貴ぶべき山」タグアーカイブ

信ずべき貴ぶべき山(130日目・2022年20日目)

Hola Todosーー(^^♪
たくちゃんです

信ずべき貴ぶべき山に登り始めて130日目!!
今日の言葉は「清潔に心掛ける」!!

急に思い立ったのが、毎日、Facebookにアップしてきた信貴山で拝む日の出のこと。
まだ130日だけど、毎朝、お日さまの光を浴びて、大きく深呼吸すると
気持ちいいから、自然と運気が上がるのです。

そんな毎日、Facebookにアップしているコトを、ブログにも足跡として
残していった方がいいよ!! って急に降りてきた(笑)
毎日、テンションを維持するコトは、ひとりひとりにバイオリズムがあるから難しいけど
お日さまの光を浴びて、大きく深呼吸するコトで、バイオリズムも改善される。

古代日本人がやってきたことだから
夢を叶えるひとつの方法なのです(笑)

今日は「大寒」!!
一年で一番寒い日と云われている日。
お寺の本堂の舞台でスマホの温度計を見ると気温も0℃!!
でも風がないので、体感温度感的にはそんなに寒さは感じない。

奈良は盆地なので、大阪と比べると冬は寒く、夏は暑い!!
でも景色は、最倖ーーー(^^♪
今朝は、奈良のあっちこっちの町で雪が舞っているのか?
町を見ていると、白さが強い場所があっちこっちにあった(笑)

本堂の階段の前の手水舎も氷がはっていた(笑)

手水舎に張っていた氷を見ながら
そう言えば、子ども頃、田んぼの水たまりや小川に張っていた
氷を取っては、レンズなどにして遊んでいたっけ(笑)
そして田んぼに張っていた霜柱の上をバリバリ音を鳴らしながら歩いていた。
今の子どもたちに、霜柱の話しをしても、田んぼのないトコロに住んでいる
子どもたちにはわからない子どもが多いだろうなぁ?(笑)

最近、ドカ雪のコトが話題になるけど
僕の子どもの頃には
日本海側の町は、冬になると雪が、毎日ニュースで紹介される雪景色より
積もっていたのだから、地球が本来の姿に戻ろうとしているのかも(笑)

空一面に黒い雲が広がって、町は、所々、雪が舞っていた(笑)

続きを読む