共感」タグアーカイブ

自分のストーリーを伝えることで共感が生まれる(笑)

Hola Todosーー(^^♪
たくちゃんでーす!!

新日本プロレスの内藤哲也さんの試合後のマイクパフォーマンスを
毎回見ているうちに
スペイン語・・・カッコいいなぁ?
と思って、最近、ブログ、SNSのあいさつに使っています。

英語、フランス語、ドイツ語・・・日本語しか話せないのに
スペイン語?
って思われるかもしれませんが・・・(笑)

今日、お話ししていてアドバイスを受けて、さっそくやってみようっと更新でーす (笑)

あなたにとって

『共感』

って何ですか?

ここ最近、テレビでお話しを聞いたり、本を読んで共感したりすることが多い
内藤選手のマイクパフォーマンスあこがれます。
マイクパフォーマンスで、多くの観客を

・自分の世界に引き込む人
・自分が言いたいことだけ言って終わる人
・聞いている人があまり興味を示さない人

がいます。
当然、プロなのですから、自分のファンになってもらって、応援してもらいたいわけです。
でもどこが違うのか?それは

相手の方にしっかり向けて話しているか?

どんな場面にも、相手がいます

・ビジネスパートナー
・聞き手
・読み手

そこに「伝える側」ということと「聞く側」「読む側」ということが発生してきます
伝われば、関係構築が出来ていくのです

伝える内容で、僕が大切だなぁー?
と最近考えることがあります。
それはコロナ禍で、僕自身も経験したことですが

この人、こんな人ではなかったのになぁ?

って感じたケースを少し経験し、自分がすぐに人を信じ込むことを反省しました
やはり昔なら、仕事の打ち合わせなどは、顔を合わせてすり合わせていたのですが
今は、メールなどで少しすり合わせて、仕事にかかっていた
デジタルだったので、関係性が浅かったと言ってしまえば、それまでですが・・・

僕が相手の方のことをあまり深く、ビジネスのお付き合いをしてしまったこと
反省ポイントですーーー😅

ここ数年『 共感 』という言葉が、ビジネスを成功に導く中で大切だと言われる
そして共感を導くには『 ストーリー 』があれば
成功につながりやすいと言われる

まさに新日本プロレス・内藤哲也選手の試合前のプロモーションビデオ
自民党総裁選に立候補した菅義偉官房長官の演説は、まさにという感じだった

自分のことを話すことに、ためらう人が増えた。でも関係構築を深めたければ、自分のことをしっかり話すべきだ

続きを読む